2015年07月18日

仕事で成果がでないとき

こんにちは。
椎原崇です。

 
仕事で成果が出ないとき、
結果が出ないときって
 

もちろん、もっとスキルを磨いたり
その分野を研究することは大事だし
 

その仕事が
自分に向いているかどうかってこと
なんかも大事なのだが
 

どーしてもやる気が起きなかったり
不思議なくらい上手くいかない時なんかは、
 

自分が「仕事」ってものに関しての
強烈な思い込みがないかどうかも
みてみるといいかもしれない。
 

「仕事ってつまんないものだ」
 

「楽するよりも苦しんだほうが尊いものだ」
 

って感じの思い込みがあるのだとしたら、
なかなか仕事で結果がでねーす。
 

だって、仕事で成果があがると
 

仕事がチョー楽しくなっちゃうから。
 

面白くてたまならくなっちゃうからね~。
 

だから、「仕事ってつまんない」
「苦しむべきだしー」
なんて思っていると、
 

自分の才能を全力で抑圧してしまう。
 

そして、僕達って自分の思い込みが正しいってことを
証明しようとするものだから。
 

わざとミスして怒られて
「この仕事つまんねー」って思おうとしたりとかね。
 

だから仕事で成果がでない理由って
 

自分の実力や才能がないのではなくて
自分がダメやつだからってわけではなく、
 

仕事ってものに対する思い込みが理由の一つなのかも
しれまへんな~( ̄▽ ̄)
 

椎原 崇

 

物件のお問い合わせ、ご相談はこちら

072-734-8855

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:水曜日)