2016年01月28日

東京駅症候群 

こんにちは。

椎原崇(シイハラタカシ)です。

 

「東京駅症候群」

 

これは、何かというと、

現代のようにせんたくしがありすぎると
陥りやすい現象だ。

 

 

自分の事をよく観察してみると、

 

僕達は「同じ目的に対して
真逆の行動」をとろうとする傾向にあるのです。

 

いた、真逆というよりは
「矛盾した行動」みたいなものだ。

 

 

例えば、

「ブログを書きたい」

と思っているけど

「ブログが書けない」

という自分の状態のときは、

 

頭では「ブログを書いたほうがいい」と思ってるけど

無意識では「ブログを書かない方がいい」

思っている状態と言うことだ。

 

 

もちろん、それには両方共メリットがある。

 

 

例えば

ブログを書くメリットが

もっと多くの人に自分を知ってもらえる。

だとして

ブログを書かないメリットが

あまり自分から発信しないことで
知る人ぞ知る存在になれる。

というメリットを感じていたとしよう。

 

このプログを書くメリットである

「多くの人に知ってもらう」

ブログを書かないメリットである。

「知る人ぞ知る存在になる」

いうのが、

 

実は、

 

「全く同じ目的を持っている」

 

ということに
気がつかなければならない。

 

例えば、このケースだと

「影響力を持ちたい」

ということかもしれない。

 

だから、

ただ、自分が影響力を持つには

「もっと多くの人に知ってもらえれば影響力をモテる」

と考えている自分Aと

 

「知る人ぞ知る存在になれば、影響力をモテる」

と考えている自分Bがいる、というだけの話で

 

自分Aも自分Bも「目的」は同じなのです。

 

ただ、その目的に向かって

ブログを書いて、もっと知名度を挙げて
影響力をもとうとしている自分Aと

自分からはオフィシャルな発信はしなくて
知る人ぞ知る存在になり、ブランドを高めて影響力を持とう
と考えている自分B

 

 

同時に自分の中にいる状態。

 

 

その状態こそが

「東京駅症候群なのです!!(`・ω・´)キリ

 

 

東京駅(現在地)から

大阪(影響力を持つ)にいくのに

成田から(ブログを書いて)行こうとしている自分Aと

羽田から(ブログを書かずに)行こうとしている自分Bがいる。

 

自分A大阪(影響力を持つ)行こうと思って、その為に成田(ブログ書く)に行かなきゃと思い、
東京駅から上野あたり(ブログ書くモード)まで移動すると、

 

大阪(影響力を持つ)に行くために羽田(ブログ書かない)に行かなきゃ!って考えている自分Bからみると、
どんどん目的地から遠くなっていくわけなので、

頑張って羽田(ブログ書かない)に行こうと品川(ブログ書かないモード)あたりまで引っ張り返す。

 

そうすると、成田(ブログ書く)からはなれるので、
自分Aが負けじと上野(ブログ書くモード)まで引っ張る、

 

みたいな感じなのです。

 

 

※東京の駅がわかない人へ
ちなみに、成田への電車が上野から出ていて
羽田には品川から出ています。

 

 

ここで注目すべきは、

「自分A」も「自分B」も
なんとか自分を大阪(影響力をもつ)まで連れて行ってあげたい!
と真剣なんだということなのです。

 

ただ、その方法がお互いに真逆に見えるので

中間の東京駅(現在地)あたりで強烈な引っ張り合いが起きるというわけです。

 

 

大阪(影響力を持つ)という目的があるのに、

上野(ブログ書くモード)と品川(ブログ書かないモード)
の間で引っ張り合って、行ったり来たりしているだけの状態になるのです。

 

そうなった時に、

 

 

 

 

「いや、、ってゆーかさー、

大阪行くのが目的だったら
成田でも羽田でもどっちでもよくね?」

 

って思ったあなた、、、

正解です。

 

 

葛藤しているとき、自分の中で矛盾しているときは
どちらでも同じ目的(大阪)を目指しているので

どっちでもいいんです。

 

そして、

 

 

「いやいや、、、

ってゆーかさー。

東京駅にいるんなら、
新幹線でいいんじゃない??」

 

 

ってことなんです。

 

大阪に行く(影響力を持つ)のに、成田(ブログ書く)か?羽田(ブログ書かない)か?
ではなくて

 

「東京駅にいるんだから
一番楽な新幹線でもいいよね!」

 

と、なった時に人生が劇的に変わります。

 

だから、成田(自分A)が正しいか?
羽田(自分B)が正しいか?

 

ではなくて、

 

どちらも大阪(本当の目的)を目指しているんだと気がついたら
どちらでもよくなるし、もっと効率的な視点も見つかるのです。

 

そして、その状態になった時に

 

自分Aと自分Bと分散していた自分の力が
ひとつの自分として一直線に目的に向かうので
とんでもない成果がでやすくなるのです。

 

これが東京駅症候群ってヤツなのです( ̄▽ ̄)

ちょっと難しいかな~?

わかりにくかったらコメントくだされ~。

 

いつもありがとうございます。

椎原 崇

 

 

☆2月27日 ひつき&椎原崇グループコーチングin東京
詳細はこちらをご覧下さい

 

☆【残席2】
椎原崇の個人コンサルティング「CLC」

バナー
お申し込みはこちらから

 

☆「だった2時間で東京駅症候群が解消されます!」
CLC体験セッション! 120分 3万円

お申し込みはこちらから

 

☆月一の勉強会
「ゆるトレ」
詳細はこちらから

 

 

☆メルマガ登録はこちらから

 

PS,昨年大人気でした「グループコンサルティング」の
第2回を開催しようかと検討中です。

そのうちお知らせしますので、興味のあるかたは
メルマガやブログをチェックしていてくださいね!!

 

願望達成について語っている動画。


椎原 崇

 

 

物件のお問い合わせ、ご相談はこちら

072-734-8855

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:水曜日)