自分を「何者か」にしてくれる「問題」は手放せない

こんにちは。
椎原崇です。

 

チョーカッコ悪いので、
書くのをためらうのだが。。。。。。

 

人って自分を「何者か」にしてくれる
「問題」は手放せない。

 

その「問題」があるメリットもあるし
その「問題」がなくなったら
自分じゃないような感じがするというか

なんか、キャラがなくなってしまうような感じがするんですよね~。

 

恥ずかしいことに、僕は昔
「ずっと彼女がいない」っていう問題があった。

 

そして、さらに恥ずかしいことをいうと
「彼女がいないってことで注目される」と思っていたんですよ。

 

だってさ~、彼女いても
「ふ~ん」くらいのリアクションだけど

 

彼女がいないと「えー!いないのー!?」とか
聞いてくれるじゃないですかw
 

漫画とかの主人公とかも
たいてい最初は彼氏彼女いないでしょ?W

 

あんな感じの憧れるやないっすかー!!

 

彼女がいる人ってフツーだし、
彼女がいない人ってキャラで
なんとか特別になろうとしたんですね。

 

我ながらチョーカッコ悪いわwww

 

で、自分を何者かにしてくれる問題は
手放せないって言ったけど。

 

それは、自分を何者かにしてくれるものに
「しがみつく」ってことだと思うんだ。

 

わかりやすく「問題」でいったけど
これは何でもそう

 

「お金があるから」「エルメス着てるから」

「素敵なパートナーがいるから」

「スゴイ人と一緒に仕事をしているから」

 

みたいなことも、自分を「何者か」にしてくれる。

 

「○○があるから、俺ってスゲーだろ!」
みたいなね。

でも、それって

 

お金がなくなったら

エルメス着ていない日は

パートナーと別れたら

プロジェクトが終わったら

 

あたかも自分の価値が下がったかのように
感じてしまうんだよね。

 

自分の外側のもので自分自身の価値が上がったり下がったり
自分らしくなったり、ならなかったりはしない。

 

それは関係のない事なんだけど
それを手放しちゃったら自分は価値のない
人間のような感じがしてしまうからな。

 

だから、自分を何者かにしてくれる
モノにしがみつくんだろーなー。

 

でも、自分の価値に条件をつけてたら、
「しがみつくこと」が人生の目的になりまっせ( ̄▽ ̄)

 

椎原崇

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ