2015年06月25日

助けてもらえるときって困ったとき

こんにちは。

椎原崇です。
僕って子供の頃はまあまあ問題児だったのだが
それにも増して兄の方が問題児でw

 

子供の時から大人になっても
両親が兄を助けているのを見てきた。

 

それを反面教師にして、僕は良い子として育ったんだけど
でも、やっぱり、その助けてもらっている兄に対して
羨ましいと感じていた部分もあって
お兄ちゃんばっかりズルイ!みたいなね。

 

それが、今でも色濃くあったことに昨日気がついた。

 

それは僕が何かと「助けてもらえる」状況をつくろうとしてる
ってことで
それって簡単にいえば「困った状況」なわけ

 

僕がそのような状況になったら、助けてくれるのかな?

って変に興味と期待を持っている自分がいた。

 

昔は両親に対してだったけど
今は奥さんに対して

 

「困って助けてもらいたい。」

 

と思っている自分を発見したのだ。

 

いや~、幼い頃の僕は
よっぽど兄が羨ましかったみたいだなw

 

まあ、普通に、冷静に考えると

奥さんも両親も人間性からして

僕が困ったら、いや別に困っていなくても
助けてくれるって事はわかるから
これそろそろやめたいんだけどな~。
もう、このゲーム飽きたわ( ̄▽ ̄)
椎原崇

 

物件のお問い合わせ、ご相談はこちら

072-734-8855

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:水曜日)