失敗を意図しているときは?

こんにちは。

椎原 崇です。

 

何か新しいことにチャレンジしようと思ったときに
そして、それが自分にとって
とても大事な事の場合だと、
ほぼ間違いなく、モットモラシイ「お前には無理だ」って
感じさせられる出来事が起きる。
そして、それがあたかも真実のように感じて
「やっぱ無理だよね。アホらしw」なんて
思うものなんだけど、
それでも「1、2のさーーん!!!」で飛び込んでみると
意外とうまくいっちゃたりするんだよね~。
まあ、もちろんうまくいかない事もあるんだけど、
それでも、そこから学べることはとても多く

そこでしか学べないこともあるから
うまくいこうがいくまいが、どちらにしても
「もっとはやくやっときゃ良かった~、」
って思う事がほとんどだから。
チョーあたまの良い人、シュミレーション能力の高い人は
考えた方がいいと思うけど、
だいたいの人は
やっちゃた方が早いと思うんだよな~。
ただ、そんなにやりたくないけど
大きなことにチャレンジしたいって時は
「失敗を意図してチャレンジする」ときが多くて
「自分にはやっぱり無理なんだ」って再確認したいが為に
わざと失敗するためにチャレンジする場合もあるから
自分を攻めるために、誰かを責めるために
諦めるために
テキトーに行動して、わざと失敗して
自分はダメなやつだって思い込みたかったり、
失敗者、被害者の立場をとって誰かを攻めたかったり、
本気にならずに失敗して、無謀な事をして失敗して
プライドが傷つかないようにしてみたり、
そんな事の為にチャレンジしたくなる場合もあるから。
自分が本当にやりたいのかって自分に問いかけることは
大事なことなんだな~。

 

椎原 崇

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ