頑張る事で相手のチャンスを奪う事もある

こんにちは。

椎原 崇です。

 

自分一人で背負い込んで頑張っている事が、

「相手の為」だと思って頑張っている事が、

相手のチャンスを奪う可能性もある。

 

「嫁さんを働かせちゃ悪い」って感じて、

一人で背負い込んで
嫁さんと子供のために頑張っていたとしても、

 

でも、嫁さんが働きだすことで、

 

奥さんのビジネスの能力が開花するかもしれないし、

 

今まで眠っていた才能が目覚めることになるのかもしれない。

 

奥さんの自分らしい人生がスタートする
キッカケになるのかもしれないのです。

 

だから、もし、「相手の為」だと感じて
自分が犠牲して頑張っている事があるのだとしたら、

 

それは相手のチャンスを奪っている
側面もあったりする。

 

だから、ある意味。

 

「もう、自分ダメや~。」

 

「無理っす。」

 

って、諦めて、

頼っちゃって、

 

「助けて~」

って降参することが、

 

相手の才能を開花させるチャンスを
与えているって事でもあるんだなぁ~。

 

椎原 崇

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ