2015年06月26日

お金=○○はその通りになる

こんにちは。
椎原崇です。

 

例えば、あなたの大好きなことを
やらせてもらったとします。

 

それは、人前で歌うことかもしれませんし
サッカーをすることかもしれません。

 

誰かのファッションのコーディネートをしてあげることかもしれませんね。

どんな分野でも構いません。

 

何でも良いので、自分が好きなこと、
喜んでやりたいことをやったと想像してください。
 

そこで、もし、そのやったことに対して
「報酬が無いんだ」といわれたとししても、
好きなことできたから、「まいっか。」と思う人が多いのではないでしょうか?

 

人によってはお金払っても良いくらいと思うかもしれませんね。

 

それだけ大好きなことがあるってことは素晴らしいのですが、反対に

 

好きでもないことをやらされて、
その分の報酬が無かったとしたらどう思いますか?
私はブチ切れると思います。
 

これだけ好きでもないことを我慢してやったんだから、
報酬が無いと納得いかない!となります。

 

でもそれって、好きなことをやったら、お金はいらないけど、
嫌いなことをやらされたらお金をもらわないと納得出来ない。

 

これは、「お金は嫌いなことをやったらもらえるものだ。」と思っているということです。

 

さっきの図式にあてはめると

 

お金=嫌いなことをやった時間

 

お金=労働の対価だと自分で思い込んでいるのです。

 

この前提だと、もっとお金を稼ごうと思うと、
もっと苦労しなくてないけない、もっと我慢しなくてはいけません。

 

だって自分でそう決めているから。

 

それは、お金を今よりももっと稼ぐのは(今よりももっと苦労をするのは)つらいですよね。

 

苦労してお金を稼いでいる人はもっと稼ぐには
今よりももっと苦労しないといけないと思っているし、

 

我慢してお金を稼いでいる人は、もっとお金を稼ぐには

今よりも、もっと我慢しないとお金が入ってこないと思っている。

 

しかし、それは、絶対的なルールではありません。

 

あなたが勝手に自分で決めたルールなのです。
そして、そのルールは自分で決めたことなので、自分で変更可能です。

 

そのルールを変更したければ、お金=○○の前提を自分で変えればいいだけなのです。

 

椎原崇

 

 

物件のお問い合わせ、ご相談はこちら

072-734-8855

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:水曜日)