2016年03月5日

自分と相手の間に真実がある?

こんにちは。

椎原崇です。

 

僕の考え方に影響を与えてくれたのは
あの超ベストセラー作家の本田健さんだという事は間違いない。

 

3年くらいストーカー並にくっついて
たくさんの事を教えてもらったが、

 

一番僕の人生に影響をあたえた考え方は

 

「自分と相手の間に真実がある」

 

という考え方なのです。

 

自立している人と依存している人

ポジティブな人とネガティブな人

このように相手と立場が違う場合、

 

どちらが正しいとかでななく、その間に真実がある。

だから相手を感じようよ。という事。

 

この「自分と相手の間を感じる事」を

「センターを感じる」

というように表現していた。

 

「自分と立場が異なる相手との間に真実がある」

「そして、そこには莫大なエネルギーがある。」

このような事を教えてもらいました。

(ザックリすぎるか 笑)

 

たしかに、「どっちが正しいか?」をやっていると
エネルギーが枯渇しちゃうけど、

他人と心から尊重しあえる関係になると
何でも出来そうな不思議なエネルギーが湧いてくるんだよね~。

 

そして、色々と研究してみた結果、

「自分の中の立場の異なる自分同士でもこれが当てはまる。」

という事に気がついたのです!

 

「自分と相手の間に真実がある」のですが、

「自分の中の自分と自分の間にも真実がある」のです。

 

自分の中で異なるものを求めている自分同士、

自己矛盾している自分同士の間に真実があり、
そこに莫大なエネルギーが存在しているのです。

 

相手と「センターを感じる」と
莫大なエネルギーがわいてくるのですが、

これも自分の中の自分同士で「センターを感じる」
時も一緒のように莫大なエネルギーが湧いてきます。

 

だから、このセンターを感じるって事が
「自分の中で出来る」のだと気がついたのです。

だから、自己矛盾している自分を発見すると激アツで。

そこに莫大なエネルギーが眠っているのです。

 

「自分と相手の間に答えがある」
という考え方から

 

「自分の中の自分と自分の間も真実がある」
という事に気がつけて、

 

それをコンサルティングという形で提供して

喜んでくれる人がいるって事が、

ありがたいことだな~って思うのです。

 

椎原 崇

 

物件のお問い合わせ、ご相談はこちら

072-734-8855

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:水曜日)